木の雑貨

木製の雑貨作りを楽しむ。
<< ビッグコリントゲーム | main | カントリーなパイン家具、小物製作準備(パイン材購入) >>
鉋の再生に挑戦
鉋(かんな)再生
刃物の道具は大工さんが使っていた中古品を買って研ぐ練習をするのがいいかなぁと思い、電動工具など専門のリサイクルショップに行くことにしました。手道具も少しだけあります。鉋、のみが目当てです。古い細い溝を切る鉋(機械シャクリ鉋)もあり構造をじっくりみていました。鉋は5台ぐらいありましたが全て錆がひどく買うのを迷いましたが、刃が一番大きくて(65mm)、台の割れが一番小さいのを選びました。寸六サイズです。600円です。

元がいいのか悪いのかわかりませんが、刃の刻印は金星康です。最高級品(製別)と刻印しているのが怪しいなぁ。裏金の刻印は、みき正です。

さっそく、分解して研いで見ることにしました。刃の写真は研ぎ後です。なんというか、刃が全く研げません。錆の部分は速く取り終えたのですが、かなり硬くて刃先の鋼の小さなかけが#1000の砥石では全く削れません。もしかして良質な鋼なのだろうかと思いました。少なくとも今まで使っていた鉋よりは良いものに違いありません。刃裏の状態もへこみが少なくて平面部分が広くなってきていて(ベタ裏)、裏押しも正常にできません。ネットで検索すると、打ち出し(しのぎ面をたたいて地金を伸ばす)による裏だしをしないといけないみたいです。失敗すると鋼が割れるということでしたが、練習なので時間があればやってみようと思っています。裏押しは砥石でするものではなく、金剛砂と金盤でするようです。

一方、台はというと、平面は出ていたのですが、下端と木端が直角でなかったのです。下端が斜めに削られて2mmぐらい削らないといけないじょうたいです。なので、すぐに直そうという気にならないので、しばらく中断です。

刃の入りが緩いので、刃が当たる部分にハガキを貼り付けていました。(41円でした)刃口の幅も広くなっているので、刃口調整板をつくらないといけません。1mm弱がいいということです。

今回、鉋を再生するに際し、ネットで調べると、鉋のことについてまだまだ知らないことがたくさんあることがわかりました。奥が深いですね。
-
CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< November 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
モバイル
qrcode
LINKS